和食の講座|自宅で簡単 和ハーブを使ったおせち料理のお知らせ

みなさんは身土不二という言葉をご存知でしょうか。
身土不二とは身と土が関連しているということ。つまりその生まれ住んでいる土地に生育するものを食べ、その季節に出来るものを食べるのが良いという意味です。
今回は日本人の体と味覚に合う和ハーブを使ってお正月料理を学びます。

では和ハーブとはいったいどんなものでしょう。
わさび、生姜、紫蘇、三つ葉、唐辛子、けしの実、柚子…実は普段から口にしている身近なものが沢山。和ハーブをプラスすることでぐんっと味のグレードが上がりますよ。

更におせち料理を手作りとなると時間がかかる上に、食べきれない….という悩ましい問題もよく聞きます。(笑)
山田先生が教える4品は身近な道具で簡単に、ちょうど良いボリューム。普段の料理にも応用が利くものばかりです。
新年のお膳に加えてみてはいかがでしょう。

[レッスン内容]

 

山椒や生姜、柚子皮など和ハーブを使ったおせち料理4品
(それぞれの品に異なる和ハーブを使用します)

・ふんわり伊達巻き
・海老の寒天寄せ
・市松模様の松風焼き
・紅白なますの花びら餅仕立て

 

 

講座概要

日時 2017年12月9日(土) 13:00〜16:00
場所 やどり木
受講料 大人 5,800円(税込)材料費・道具使用料込み・レシピ付き
お持ち帰り分  有り
定員 8名
持ち物 エプロン、手拭きタオル、布巾、お持ち帰り用容器、筆記用具
応募方法 yadorigi.info@gmail.comより
件名はレッスン希望
お名前、ご連絡先(当日連絡が取れる電話番号)、希望の講座名を書いてお送りください。
キャンセル料について
  • 開催7日前〜4日前まで:受講料50%
  • 開催3日前〜当日:受講料100% お振込にてお願いいたします
応募締切 2017年12月2日(土) 18:00

◉講師のご紹介
山田 百香里フードライフコンシェルジュ
1 級フードアナリスト®協会認定講師 JSIA 認定飾り巻き寿司インストラクター 日本箸教育講師、管理栄養士、和食文化国民会議 正会員
TALK 食空間コーディネーター ジャパンフードセレクション審査委員 「素材の学校、そ」専任講師「食で繋がる人と人・彩のある食生活を」 「食卓が育む・心と体と味覚」をモットーに活動。

フードライフコンシェルジュとしても多岐にわたり食の情報を発信している。

<経歴>
大阪府出身
大学卒業後、管理栄養士として病院へ勤務。 その後、学生時代から興味を抱いていた食品開発の世界へ。 デザート、飲料をはじめ多数の商品開発に携わる。
30 代に突入すると怪我や数々の病気の試練の時代・・入院生活を余儀なくされ、入院中に 「食べる事の大切さ」を痛感し、「食」への探求心が強くなる。 仕事復帰を果たし、仕事の傍ら「食」を探求していく。
結婚を機に退職、東京へ移住。1 児の母となる。
現在は商品開発、レシピ提案他、各種講座を開催。 主に東京都江戸川区を拠点に「飾り巻き寿司講座」を開催。 作って楽しい♪食べて美味しい♪飾り巻き寿司で子供と大人の食、食卓の楽しみ方を提供 している。
2013 年より「味覚の一週間」にも賛同し、小・中学校への食育活動も行っている。 同時に地域栄養士としても食育活動に従事している。
<メディア露出暦>
*日本経済新聞 「NIKEI プラス 1」
*雑誌 「Mart」 *訪日外国人向け観光サイト「DIGJAPAN」 他。

http://edogawa.mypl.net/shop/00000350396/